新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報

新着情報

2018.06.20 ~吉田愛&アレックス・ガイオルガン デュオコンサートが終了しました~

617日(日)1500より開かれたコンサートはチケット完売という大盛況のうちに終了しました。ご夫妻の息の合った心温まる演奏の他に、オルガンの構造を分かりやすく説明して下さり、お客様には興味深々のコンサートになりました。

 

当サロンにオルガンが搬入されてから、4年近く経ち、すっかり日本の気候に慣れて、本格的なお披露目になりました。


2018.06.16 ~吉田愛&アレックス・ガイオルガンデュオコンサート~

いよいよ明日に迫りました。お陰様でチケットは完売しました。

今日はお二人がリハーサルに見えました。

とても素敵な響きが下の事務所に聴こえています。


2018.03.28 永井公美子&根津理恵子デュオリサイタルが行われました。。

3月25日(日)15:00より行われたこのリサイタルは絶好のコンサート日和に恵まれて、沢山のお客様にご来場いただき、大好評のうちに終了しました。


「ヴィターリ:シャコンヌ」で始まったコンサートはお二人のソロも含めて「ラヴェル:ツィガーヌ」で華やかに本プロが終わりました。


鳴り止まぬ拍手に応え、アンコールで「マスネ:タイスノ瞑想曲」が演奏されました。演奏家として、充実の時を迎えたお二人らしく、濃密な音色と詩情あふれる演奏に感動!


2018.02.20 合同発表会が行われました。

「脇絢乃・魚谷絵奈ピアノ教室発表会」と「永井公美子ヴァイオリン教室」の発表会が行われました。


当サロンコンサートシリーズにも出演されている錚々たる先生方の生徒さんたちの日頃の成果が披露されました。


11:00「脇絢乃・魚谷絵奈ピアノ教室」の発表会は前半終了後に「ピアノ探検」がありました。


ピアノの内部や底部の探検をしたり、ピアノの弦の説明などを受けた生徒さんたちは興味津々で目を輝やかせていました。


先生方の演奏の素晴らしさには会場中が息を呑みました。


 


15:00「永井公美子ヴァイオリン教室」の発表会は幼稚園生から大学院生までの幅広い年齢層の生徒さんのヴァイオリンの音で会場は熱気に包まれました。


当日ピアノ演奏を担当されたのは「河野紘子先生」と「今井彩子先生」です。演奏家としてもご活躍中の先生方との共演は生徒さんたちにとっては「夢の共演」となりました。


最後を飾るのは先生のソロで「クライスラー:愛の喜び」。華やかな演奏に魅了されました。


2017.12.21 ~「ピアノ三重奏による クリスマスコンサート」終了~

12月17日(日)15:00より開催されたコンサートは今年も会場を魅了し、割れんばかりの拍手を送られての閉幕となりました。


また、昨年当社団で委嘱した、柿沼 唯先生編曲の「チャイコフスキー:花のワルツ」、「クリスマスメドレー」が今年も奏でられました。先生からは「去年より上手になったね(笑)」というお言葉がありました。
尚、この二曲の楽譜が出版されましたので、ご希望の方はお電話かメールでお申し込みくださいませ。



横坂さんの熱い思いによりプログラムのメインに据えた「ショスタコーヴィッチ:ピアノトリオ第2番」はまさに圧巻。それぞれのソロも披露され、「クリスマスメドレー」ではサービス精神旺盛の演出がお客様を楽しませてくれました。



 


2017.11.28 ~ 佐藤卓史ピアノリサイタル終了 ~

佐藤卓史ピアノリサイタルが終了しました


~ 11月26日(日)15:00 から開かれたリサイタルは、大好評のうちに終了しました ~


力強さと繊細さ、軽やかさと重厚さ、佐藤さんの奏でるピアノの豊かな音色に、会場全体が魅せられました。シューベルト、リスト、ショパンの名曲を揃えた魅力たっぷりのプログラムを研ぎ澄まされた表現力とテクニックをもって表現しきった佐藤さん。2014年の初演からこの度で4回目となるソロリサイタルは、今回もまたお客様を更なる感動で包み込みました。また、佐藤さん自らが書かれたプログラムノートも大変ご好評を頂きました。


2017.10.03 ~脇絢乃ピアノリサイタル終了!~
意欲的なプログラムを見事に演奏され、会場は脇さんの熱い思いが
お客様に伝わり、大好評のうちに終了いたしました。

2017.09.30 ~「プロの演奏者に贈る クリスマスのピアノ三重奏曲」の楽譜発売~

~「クリスマスのピアノ三重奏曲」の楽譜発売!~
編曲:柿沼 唯 一般社団法人 国際育英文化協会委嘱作品
1.チャイコフスキー:くるみ割り人形より「花のワルツ」
 初演演奏時間:6分57秒
2.クリスマスメドレー...
 初演演奏時間:10分42秒
                  税込価格:4000円  



※プロの演奏者の方にご満足いただけ、華やかで格調高い編曲の「プロの演奏者に贈る クリスマスの ピアノ三重奏曲」の楽譜(パート譜付き)が10月13日に発売されます。
詳しい内容は柿沼唯先生のお言葉をご覧ください。
購入ご希望の方は当社団のホームページよりお申し込みください。


「柿沼唯先生のお言葉」
ここにお届けする2曲の編曲作品は、一般社団法人 国際育英文化協会の委嘱により、ピアノ三重奏のレパートリーとして編曲され、2016年12月18日、モーツァルト・サロン(東京都北区赤羽)における「ピアノ三重奏によるクリスマス・コンサート」で、滝千春(Vl.)、横坂源(Vc).、魚谷絵奈(Pf.)の各氏により初演されました。


「花のワルツ」は、P.チャイコフスキーの名作バレエ「くるみ割り人形」の代表曲としてのみならず、彼のオーケストラ曲中屈指の人気曲として親しまれていますが、クリスマスの夜に少女クララが見た夢の世界の愉悦が、弦楽器ののびやかなメロディによく表れています。原曲の魅力を生かすべく、忠実な編曲を心がけました。
 
「クリスマス・メドレー」は、以下の11曲で構成されています。
1. コヴェントリー・キャロル Coventry Carol
2. 世の人忘るな God rest you merry, Gentlemen
3, 神の御子は今宵しも Adeste fideles, Laeti triumphantes
4, 牧人ひつじを The First Noel the angels did say
5. もみの木 O Tannenbaum
6. きよしこの夜 Stille Nacht Heilige Nacht
7. オー・ホーリーナイト O Holy Night
8. ひいらぎかざろう Deck the hall with boughs of holly
9. ジングル・ベル Jingle Bell
10. もろびとこぞりて Hark, the glad sound! the Saviour comes
11. ディンドン、ほがらかに Ding! Dong! Merrily on high


 中世から現代にいたる、折々のクリスマスの光景を想像させるように、様々な曲想を一連の絵巻物風に仕立てました。厳粛な曲想、抒情的な曲想、力強い曲想、リズミカルで陽気な曲想など、それらが全体で一つの大きな物語を形作るように工夫して演奏してください。最後の4小節(第321~324小節)には、カトリック聖歌「きよけし O Sanctissima」のモティーフが力強く登場し、晴れやかに曲を閉じます




2017.09.27 ~脇絢乃さんがリハーサルに見えました~

~脇絢乃さん、リハーサル中!~
いよいよ10月1日(日)15:00より、「 脇絢乃ピアノリサイタル」が開催されます。
本日は脇さんが当サロンでリハーサルをなさっています。
今回は大変な難曲揃いですが、脇さんにとってはこれがスタンダード!!!
魂が震えるような、情熱的なピアノの響き。一瞬にして聴く人の心を掴む迫力と奥深さ。...
脇さんの音楽がサロンいっぱいに広がっています。
どうぞお聴き逃しなく!



♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪


脇絢乃ピアノリサイタル
~ 鹿児島が生んだ情熱のピアニスト ~
http://www.kokusai-ikuei.jp/concert/index.html


日時:2017年10月1日(日) 15:00開演


於:モーツァルト・サロン


チケット:2,000円(全自由席)


出演:脇絢乃


プログラム


ベートーヴェン
  ピアノソナタ 第14番 「月光」嬰ハ短調  Op27-2


ショパン
  ノクターン 第7番 嬰ハ短調 Op.27-1
  ノクターン 第8番 変ニ長調 Op.27-2
  バラード 第3番 変イ長調  Op.47


ベルク
  ピアノソナタ ロ短調 Op.1


ラヴェル
  夜のガスパール


脇 絢乃(わき あやの)
鹿児島県出身。
東京音楽大学ピアノ演奏家コース首席卒業、在学中特待奨学金を得る。東京音楽大学大学院鍵盤楽器領域総代で修了。在学中特待奨学金を得る。
東京音楽大学卒業演奏会、及び第77回読売新人演奏会に出演。
ピティナピアノコンペティション全国大会にて、F級金賞、G級銅賞(01’金賞なし)、特級ファイナリスト(09’)。
第3回東京芸術センターピアノコンクール第2位。
東京音楽大学学内コンクール第1位。
第16回コンセールマロニエ21第2位。
ジュゼッペ・アチェルビ国際コンクール(イタリア)第一位。
後進の指導を行いながら全国各地で室内楽奏者、アンサンブル伴奏者としての活動も行っている。
これまでに、鳥越由美、池川礼子、小阪文産子、迫昭嘉、播本枝未子、森早苗の各氏に師事。マスタークラスにて、マッティ・ラエカリオ、ディーナ・ヨッフェ、故アレクサンダー・サッツ、ベルント・ゲツケに師事。室内楽を土田英介氏に師事。




2017.09.23 ~「聖歌を歌う会」の開催日が火曜日に変更されます~

2010年7月に発足した「聖歌を歌う会」は指定の土曜日に開催されていますが、2018年4月より指定の火曜日(月2回)に変更されます。グレゴリオ聖歌、カトリック聖歌、典礼聖歌、宗教合唱曲、現代の聖歌などを丁寧に練習しています。カトリック信者の皆様が対象です。お申し込みはホームページからどうぞ。


コンサート情報コンサートチケットのご購入・ご予約はこちら