最新コンサート情報

  1. ホーム
  2. 最新コンサート情報

最新コンサート情報

山口友由実ピアノリサイタル
~ウィーンと日本を拠点に活躍するピアニストとの優雅なひととき~
2018年 9月24日(月・祝) 15:00開演(14:30開場)

モーツァルト・サロン

2,000円(全自由席)

山口友由実

シューベルト:12の高雅なワルツ D.969

メンデルスゾーン:無言歌集 第6巻Op.67より 

        「瞑想」、「失われた幻影」

ブラームス:4つの小品 Op.119

コルンゴルト:4つのワルツ

シューマン:森の情景 Op.82


山口友由実(やまぐち ゆうみ)

3歳よりヤマハ音楽教室に通い、6歳よりピアノ、作曲を学ぶ。東京音楽大学大学院修了。2009年渡墺し、2015年ウィーン国立音楽大学ピアノ室内楽科を満場一致の最優秀で修了。10歳のときにテレビ朝日系「題名のない音楽会」に独奏で出演。2010年Internationale Sommer Akademie(オーストリア) にてISAピアノ特別賞。2011年第18回ブラームス国際コンクール(オーストリア)ピアノ部門第3位を機に、ウィーン楽友協会でのピアノトリオリサイタルをはじめヨーロッパ6か国および日本各地でのコンサートに招聘され、ソロ、室内楽、箏との共演、チェンバロ演奏など幅広く活動。現在日本・ウィーンを中心に演奏活動のほか、日本女子大学、和洋女子大学等で後進の指導にもあたる。2016年にオクタヴィア・レコードよりデビューCD「謝肉祭~音列の風景たち~」を発売し、レコード芸術誌上で準特選盤に選ばれた。また、オーストリア国営放送ORF、文化放送ラジオ「楽器学園~ガキパラ~」出演や日経新聞「ビジュアル音楽堂」、音楽雑誌「月刊ピアノ」「月刊ショパン」執筆などメディアにも度々取り上げられている。これまでに、ピアノを中村恭子、杉山典子、安念希代子、吉森雅子、河内純、秦はるひ、関根有子、岡田敦子、アヴォ・クユムジャンの各氏、室内楽を土田英介、アヴォ・クユムジャン、ペーター・シューマイヤー、ヨハネス・マイスルの各氏、作曲を都平有美、青木進の各氏に師事。http://www.yuumi-yamaguchi.com/

 


予約受付中

予約フォームへ

佐藤圭奈ピアノリサイタル
~深い情熱で創り出す洗練された演奏~
2018年11月11日(日)15:00より

モーツァルト・サロン

2,000円

佐藤圭奈

モーツァルトピアノソナタ ニ長調 KV.576

ドビュッシー前奏曲集第1 より

                        アナカプリの丘

                        亜麻色の髪の乙女

                        ミンストレル  

アルベニス組曲 「イベリア」より 

                    港、トゥリアーナ

 

シューマンフモレスケ Op.20


誠実で奥深い感性を持つピアニストの色彩豊かなプログラムをお楽しみください。

《プロフィール》

特待奨学生として、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。野村国際文化財団奨学生、文化庁新進芸術家海外留学研修員としてハノーファー音楽演劇大学ソリスト課程卒業。ドイツ国家演奏家資格取得。日本音楽コンクール入選。ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ。アマデオ賞国際ピアノコンクール(ドイツ)3位及びモーツァルト特別賞。ルチアーノガンテ国際ピアノコンクール(イタリア)ショパン賞。香港国際ピアノコンクール(香港)2位他、国内外にて多数入賞。これまで、国内はもとより、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オランダにて、ソロリサイタルや室内楽、器楽伴奏等で演奏会に多数出演し好評を得る。V.アシュケナージ氏ほか多くの音楽家やオーケストラとの共演も多数。2016年にN.A.TよりソロCD「トロイメライ」をリリース。現在、ソロや伴奏、室内楽奏者として幅広く活動している。越谷市(地域の)アーティストとホールの共同企画メンバー。洗足学園音楽大学演奏員。全日本ピアノ指導者協会正会員及びフェスティバル実行委員。


予約受付中

予約フォームへ

~ピアノ三重奏によるクリスマスコンサート~
~国内外で活躍する若手の一流演奏家が一堂に会して贈る名曲の数々~
2018年12月9日(日)15:00より

於:モーツァルト・サロン

3,000円

上敷領藍子(vn)、三井静(vc)、佐藤卓史(pf)

モーツァルト:ピアノ三重奏曲 第6番 ト長調 K.564

I.               Allegro

II.             Andante

III.           Allegretto

 

シューマン:ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 作品63

I.               Mit Energie und Leidenschaft

II.             Lebhaft, doch nicht zu rasch

III.           Langsam, mit inniger Empfindung

IV.           Mit Feuer

 

サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ 作品28 

 (ヴァイオリン+ピアノ)

 

パガニーニ:ロッシーニの歌劇「エジプトのモーゼ」の主題による変奏曲

               (モーゼ幻想曲) (チェロ+ピアノ)

 

リスト:ラ・カンパネラ (ピアノ)

 

チャイコフスキー/柿沼唯:バレエ「くるみ割り人形」より 花のワルツ

 

柿沼唯:クリスマス・メドレー

 

 


出演者プロフィール

 

上敷領藍子(かみしきりょう・あいこ)◆ヴァイオリン

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部首席卒業。同大学大学院修士課程を修了。マーストリヒト音楽院を首席卒業。これまでに宗次エンジェルヴァイオリンコンクール第3位、青山音楽賞新人賞、バルレッタ国際音楽コンクール第1位・特別賞、マルコ・フィオリンド国際音楽コンクール第2位、レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位など数々の賞を受賞。ポーランドクラクフ室内管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢、藝大フィルハーモニア管弦楽団等と共演。これまでに本多智子、田渕洋子、椙山久美、浦川宜也、玉井菜採、ボリス・ベルキン、ジェラール・プーレの各氏に師事。

 

三井静(みつい・しずか)◆チェロ

神奈川県横浜市出身。

80回日本音楽コンクール、第15回東京音楽コンクールなど国内の多数のコンクールで入賞しており、国外ではエンリコ・マイナルディコンクールで第1位。2017年エリザベート王妃国際コンクールではセミファイナルに進出し、同コンクールの優秀者によるCDにハイドン作曲、チェロ協奏曲ニ長調が収録されている。

これまでに国内外のオーケストラと多数共演。桐朋学園大学ソリストディプロマコースで毛利伯郎に師事し、2014年よりザルツブルク・モーツァルテウム大学に留学、現在クレメンス・ハーゲンに師事。

2017年にはルイ・ヴィトン財団の奨学生に選ばれ、同財団主催のコンサートの様子などがmedici TVで配信されている。

 

佐藤卓史(さとう・たかし)◆ピアノ

秋田市生まれ。高校在学中の2001年、日本音楽コンクールで第1位。東京芸大を首席で卒業後渡欧、ハノーファー音大、ウィーン国立音大で研鑽を積む。その間、シューベルト国際コンクール第1位、エリザベート王妃国際コンクール入賞、カントゥ国際コンクール第1位など受賞多数。内外のオーケストラに多数客演のほか、室内楽や作編曲の分野でも活躍している。レコーディングにも積極的に取り組んでおり、日本と欧州で20枚以上のCDをリリース。最近では、シューベルトのピアノ曲全曲演奏プロジェクト「佐藤卓史シューベルトツィクルス」や、BSジャパン「おんがく交差点」レギュラー出演等で注目を集めている。 


予約受付中

予約フォームへ

 

コンサート情報コンサートチケットのご購入・ご予約はこちら