最新コンサート情報

  1. ホーム
  2. 最新コンサート情報

最新コンサート情報

播本枝未子先生ピアノ公開レッスン
2016年5月29日(日)13:00

モーツァルト・サロン

2,000円(聴講)

講師:播本枝未子先生

バッハ〈平均律〉より

第1巻 第13番

第1巻 第18番

第1巻 第23番

第2巻 第3番

 

ショパン〈エチュード〉より 

Op.10-1

Op.10-4

Op.10-8

Op.25-1


世界で活躍するピアニストを数多く輩出されている東京音楽大学・洗足学園音楽大学教授、播本枝未子先生をお招きし、バッハ〈平均律〉とショパン〈エチュード〉を紐解きます。

この企画は、音楽の道を志す中高生、そして音楽の道に進むか悩んでいる中高生に「音楽の世界を知ってほしい」「普段、接する機会のない音楽大学の教授との接点を少しでも広げたい」という思いから実現いたしました。

播本先生のレッスンでは、テクニックのみならず、音楽とは何かという原点を教わることが出来ます。

音楽高校・音楽大学を目指す中高生の皆様、またそのような生徒さんをお持ちのピアノの先生方、どうぞこの機会をお見逃しなく!!

http://www.kokusai-ikuei.jp/edit-data/img/1456893680_1_1.pdf

 

〜播本 枝未子(はりもと えみこ)先生プロフィール〜

東京藝術大学附属音楽高校を経て東京藝術大学を卒業。在学中、安宅賞を受ける。同大学大学院修了後、ドイツ、ハンブルグ国立音楽大学に入学。

イタリア・ポジターノのウィルへルム・ケンプのマスターコースに招かれ受講。ドイツ・ホッホシューレコンクール(ハノーファー)2位。ドイツ各地で演奏、放送等活動を始める。最優秀でディプロム取得。国家演奏家コースに進む傍らリューベック国立音楽大学公募試験に合格、ピアノ科講師として勤め始める。国家演奏家資格をハンブルク国立音大6年ぶりの最高点で修了。

これまでに愛知県立芸術大学、東京音楽大学、東京藝術大学・同大学院・同附属音楽高校に務める。現在、東京音楽大学教授、洗足学園音楽大学・上智大学客員教授、全日本ピアノ指導者協会理事、フェスティバル委員長、銀座ステーション代表として様々なシーンでのピアニストの教育、音楽文化の啓蒙、普及活動に努めている。

ミュンヘン国際音楽コンクール、ジーナバッカウアー国際ピアノコンクール、オルレアン国際現代音楽コンクール等国内外の多くの審査員も務める。また文部科学省より社会教育功労表彰を受ける。2016年イギリス・ロイヤル・アカデミーより、Honorary Associateship(名誉会員賞)受賞。

 

※受講・聴講の方はお電話またはホームページよりお申し込みください。

 聴講生の方は、口座振り込みにて先入金をお願いしております。

 当日受付にてお名前を確認させていただきます。

播本枝未子先生ピアノ公開レッスン播本枝未子先生ピアノ公開レッスン

受付終了


佐藤卓史ピアノリサイタル
〜国内外で評価され、着実に名ピアニストの道を歩み続ける若き俊英〜
2016年6月12日(日)15:00開演

モーツァルト・サロン

2,000円(全自由席)

佐藤卓史

モーツァルト:ソナタ 第12番 ヘ長調 K.332(300k)
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第15番 ニ長調 作品28「田園」
ショパン:即興曲 第1番 変イ長調 作品29 / 3つのワルツ 作品64
バラード 第2番 イ短調 作品38
シャミナード:森の精 作品60 / 昔 作品87-4 /タランテラ 作品35-6


佐藤卓史(さとう たかし)

1983年秋田市生まれ。2001年第70回日本音楽コンクール第1位。2004年、史上最年少で第30回日本ショパン協会賞を受賞。2006年東京藝術大学を首席で卒業。第55回ミュンヘンARD国際コンクール特別賞受賞。2007年第11回シューベルト国際コンクール第1位。2010年エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞。2011年カントゥ国際コンクール第1位、メンデルスゾーン国際コンクール最高位受賞。ドイツ・ハノーファー音楽演劇大学ソロクラスを修了、ドイツ国家演奏家資格を取得。引き続きウィーン国立音楽大学で研鑽を積む。2012年第8回浜松国際コンクール第3位ならびに室内楽賞受賞。

内外のオーケストラにソリストとして多数客演の他、室内楽奏者としても高く評価されており、堀米ゆず子、佐藤俊介、神尾真由子をはじめとする多くの著名な演奏家と共演。レコーディング活動も積極的に行っており、日本と欧州で多数のアルバムを発表。
これまでに、ピアノを目黒久美子、上原興隆、小林仁、植田克己、アリエ・ヴァルディ、ローラント・ケラーの各氏に、フォルテピアノを小倉貴久子氏に師事。
2014年よりシューベルトのピアノ曲全曲演奏会「シューベルトツィクルス」を開始。実力派ピアニストとして注目を集めている。公式サイト www.takashi-sato.jp

佐藤卓史ピアノリサイタル

予約受付中

予約フォームへ

佐藤彦大ピアノリサイタル
〜今年、スペインの国際コンクールにて優勝した注目のピアニスト〜
2016年7月24日(日)15:00開演

モーツァルト・サロン

2,000円(全自由席)

佐藤彦大

〜数々の国内外におけるコンクールにて受賞したピアニストによる意欲的なプログラム〜

 

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第9番ニ長調KV311

フランク:前奏曲、コラールとフーガ

ラフマニノフ:コレルリの主題による変奏曲 作品42

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番『熱情』ヘ短調 作品57

 


佐藤 彦大(さとう ひろお) プロフィール

 

盛岡市出身。東京音楽大学大学院器楽専攻鍵盤楽器研究領域(ピアノ・エクセレンス)修了後、ベルリン芸術大学で研鑚、現在モスクワ音楽院に在学中。エリソ・ヴィルサラーゼ女史に師事。2009-2012年度ロームミュージックファンデーション、2013・2015年度明治安田クオリティオブライフ文化財団奨学生。

 

2004年第58回全日本学生音楽コンクール高校の部全国大会優勝 

2006年第1回野島稔・よこすかピアノコンクール優勝 

2007年第76回日本音楽コンクール優勝 

2010年第4回仙台国際音楽コンクール第3位 

2011年第5回サン・ニコラ・ディ・バーリ国際ピアノコンクール(イタリア)優勝 

2015年第21回リカルド・ビニェス国際ピアノコンクール(スペイン)第2位 

2016年第62回マリア・カナルス・バルセロナ国際音楽演奏コンクール(スペイン)優勝 

 

2004年第14回日独青少年交流コンサートに出演、翌年には招待演奏者としてドイツ各地での演奏会に出演。2008年第17回国際音楽祭「ヤング・プラハ」に出演。2009年広上淳一指揮/東京音楽大学シンフォニーオーケストラのヨーロッパ演奏旅行に、2012年には小泉和裕指揮/仙台フィルハーモニー管弦楽団の東北ニューイヤーコンサートにソリストとして同行。2014年第18回京都の秋 音楽祭の開幕記念コンサートで広上淳一指揮/京都市交響楽団と共演した。 

 

主要なリサイタルは、2011年に東京文化会館小ホール、2013年には紀尾井ホールにて行われ、各誌で好評を博した。また、NHK-FM「名曲リサイタル」「リサイタル・ノヴァ」に出演。 

 

2012年ライヴ・ノーツよりデビューCD「Hiroo Sato plays 3 Sonatas」をリリース。

 

Twitter:  https://twitter.com/hiroopiano

ブログ: http://blog.livedoor.jp/hiroopiano/

 

佐藤彦大ピアノリサイタル

予約受付中

予約フォームへ

 

コンサート情報コンサートチケットのご購入・ご予約はこちら