最新コンサート情報

  1. ホーム
  2. 最新コンサート情報

最新コンサート情報

脇絢乃ピアノリサイタル
鹿児島が生んだ情熱のピアニスト
2017年10月1日(日) 15:00開演

モーツァルト・サロン

2,000円(全自由席)

脇絢乃

ベートーベン

ピアノソナタ 第14番 「月光」嬰ハ短調 Op27-2

 

ショパン

ノクターン 第7番 嬰ハ短調 Op.27-1

ノクターン 第8番 変ニ長調 Op.27-2

バラード 第3番 変イ長調 Op.47

 

ベルク

ピアノソナタ ロ短調 Op.1

 

ラヴェル 

夜のガスパール

 


脇 絢乃(わき あやの)

鹿児島県出身。

東京音楽大学ピアノ演奏家コース首席卒業、在学中特待奨学金を得る。東京音楽大学大学院鍵盤楽器領域総代で修了。在学中特待奨学金を得る。

東京音楽大学卒業演奏会、及び第77回読売新人演奏会に出演。

ピティナピアノコンペティション全国大会にて、F級金賞、G級銅賞(01’金賞なし)、特級ファイナリスト(09’)。

第3回東京芸術センターピアノコンクール第2位。

東京音楽大学学内コンクール第1位。

第16回コンセールマロニエ21第2位。

ジュゼッペ・アチェルビ国際コンクール(イタリア)第一位。

 

後進の指導を行いながら全国各地で室内楽奏者、アンサンブル伴奏者としての活動も行っている。

これまでに、鳥越由美、池川礼子、小阪文産子、迫昭嘉、播本枝未子、森早苗の各氏に師事。マスタークラスにて、マッティ・ラエカリオ、ディーナ・ヨッフェ、故アレクサンダー・サッツ、ベルント・ゲツケに師事。室内楽を土田英介氏に師事。

 

脇絢乃ピアノリサイタル

予約受付中

予約フォームへ

佐藤卓史ピアノリサイタル
国内外で評価され、着実に名ピアニストの道を歩む若き俊英
2017年11月26日(日) 15:00開演(14:30開場)

モーツァルト・サロン

2,000円(全自由席)

佐藤卓史

シューベルト

  グラーツのギャロップ D925

  ピアノ・ソナタ 第10番 ロ長調 D575

 

 リスト

  バラード 第2番 ロ短調 S.171

 

 ショパン

  バラード 第1番 ト短調 作品23

  ポロネーズ 第1番 嬰ハ短調 作品26-1

  夜想曲 第8番 変ニ長調 作品27-2

  スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31

 


佐藤卓史(さとうたかし)

1983年秋田市生まれ。高校在学中の2001年、第70回日本音楽コンクールで第1位。2004年、史上最年少で日本ショパン協会賞を受賞。2006年東京藝術大学を首席で卒業後渡欧、ハノーファー音楽演劇大学ならびにウィーン国立音楽大学で研鑽を積む。その間国際舞台でめざましい活躍を遂げ、2007年シューベルト国際コンクール第1位、2010年エリザベート王妃国際コンクール入賞、2011年カントゥ国際コンクール第1位、メンデルスゾーン国際コンクール最高位など受賞多数。ウィーン楽友協会をはじめとするヨーロッパの主要コンサートホールのほか、2011年にはシリア・ダマスカスのダール・アル・アサド文化芸術劇場にてソロリサイタルを開催した。

2013年、デビュー10周年を記念してソロリサイタルツアー「ベートーヴェン 4大ピアノ・ソナタを弾く」を開催、全国16都市で演奏し好評を博す。2014年より「佐藤卓史シューベルトツィクルス」を開始、ライフワークとしてシューベルトのピアノ曲全曲演奏に取り組んでいる。

NHK交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、シドニー交響楽団、ベルギー国立管弦楽団など内外のオーケストラにソリストとして客演。2007年にソロデビューアルバム「ラ・カンパネラ〜珠玉のピアノ小品集」(ナミレコード)をリリース以来レコーディングも活発に行っており、日本と欧州で多数のCDをリリース。佐藤俊介との共演によるCD「グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ集」(ナミレコード)は第62回文化庁芸術祭レコード部門にて大賞に輝いた。現在BSジャパンの音楽トーク番組「おんがく交差点」にレギュラー出演中。室内楽、作編曲など活動は多岐にわたり、実力派ピアニストとして注目を集めている。

公式サイト www.takashi-sato.jp

 

佐藤卓史ピアノリサイタル

予約受付中

予約フォームへ

ピアノ三重奏によるクリスマスコンサート
〜昨年、大好評を博したコンサートの再演〜
2017年12月17日(日) 15:00開演(14:30開場)

モーツァルト・サロン

3,000円(全自由席)

滝千春(ヴァイオリン)

横坂源(チェロ)

魚谷絵奈(ピアノ)

ハイドン:ピアノトリオ 第44番 Hob.XV no.28

フレスコヴァルディ=カサド:トッカータ(チェロ・ソロ)

クライスラー=ラフマニノフ:愛の哀しみ(ピアノ・ソロ)

アイルランド民謡:ジャーニー・オブ・アイルランド (ヴァイオリン・ソロ)

チャイコフスキー=柿沼唯:花のワルツ

ショスタコーヴィチ:ピアノトリオ 第2番 作品67

ヨハン・クリスチャン・バッハ:ピアノトリオ 作品2-2

柿沼唯編曲:クリスマスメドレー


滝千春Taki Chiharu(ヴァイオリン)

2001年、ノヴォシビルスク国際ヴァイオリン・コンクール(ジュニア部門)第1位。

2002年、ユーディ・メニューイン国際コンクール(ジュニア部門)第1位。

2006年、ダヴィッド・オイストラフ国際ヴァイオリン・コンクール 第3位。

2002年、桐朋学園音楽部門創立50周年記念演奏会のソリストに抜擢、小澤征爾氏の指揮で演奏。2003年、陳昌弦氏のヴァイオリンを起用したCD「天上の弦」を制作。国内の主要オーケストラと数多く共演しており、テレビ出演も多数。

2008年、紀尾井ホールにて清水和音氏との共演でデビュー・リサイタル。

欧州各地では、アテネ交響楽団、ニーダーバイエルン交響楽団など数多くのオーケストラと共演。パリ、サル・ガヴォ―にて上田晴子氏と共演。その他、オーケストラのコンサートミストレスとして欧州ツアーに参加、スイス、ダヴォス音楽祭に招かれる。2015年、ベルリン・フィルハーモニーにて、新ベルリン交響楽団と共演。技術力と豊かな音楽性が高く評価されており、若手ヴァイオリニストの逸材の一人として国内外で意欲的に活動している。

2015年からピクテ投信投資顧問株式会社のピクテ・パトロネージュ・プロジェクトのアーティストとして活動中。上西玲子、辰巳明子、ザハール・ブロン、サシュコ・ガヴリーロフの各氏に師事。ベルリン在住。

滝千春オフィシャルウェブサイト: http://chiharutaki.com/

 

横坂源Yokosaka Gen(チェロ)

2002年7月、チェリストの登竜門、全日本ビバホール・チェロコンクールで最年少優勝(15歳)。2005年、第15回「出光音楽賞」。2008年、第7回「齋藤秀雄メモリアル基金賞」。2009年5月、全ドイツ学生音楽コンクールで第1位(室内楽)。2010年9月、第59回ミュンヘン国際音楽コンクール・チェロ部門で第2位。2012年、「ホテルオークラ音楽賞」。

13歳で東京交響楽団とサン=サーンスのチェロ協奏曲を共演したのを皮切りに、NHK交響楽団他、主要な在京オーケストラと共演。海外ではバイエルン放送交響楽団、ミュンヘン室内管弦楽団などを含む主要なオーケストラと、また小澤征爾氏を初めとした多くの世界的な指揮者と協奏曲を共演し、好評を博す。室内楽にも出演し、「宮崎音楽祭」、「東京・春・音楽祭」、「武生国際音楽祭」や、「題名のない音楽会21」「読響 Symphonic Live 〜深夜の音楽会」「クラシック倶楽部」「FM名曲リサイタル」等テレビやラジオにも頻繁に出演する。音楽性やテクニックは「ドイツ、ハレール・タグブロット紙」や「音楽の友」などの各誌で絶賛される。

桐朋学園女子高等学校(共学)、同ソリストディプロマ・コースを経て、シュトゥットゥガルト国立音楽大学、フライブルク国立音楽大学で研鑚を積む。鷲尾勝郎、毛利伯郎、ジャン=ギアン・ケラスの各氏に師事。ダヴィド・ゲリンガスなどのマスタークラスを受ける。ピエール・ブーレーズ指揮するルツェルンフェスティヴァル・アカデミーに18歳で参加。明治安田クオリティオブライフ文化財団、ロームミュージックファンデーション海外派遣奨学生。サントリーホールディングス株式会社所有の1710年 Pietro Giacomo Rogeri 制作のチェロを貸与されている。公式サイトは yokosaka-gen.com

 

魚谷絵奈Uotani Ena(ピアノ)

大阪市生まれ。5歳よりピアノを始め、10歳より桐朋学園大学附属こどものための音楽教室にてソルフェージュを学ぶ。

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部卒業。在学中ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院へ留学、東京藝術大学卒業後もザルツブルクにて名教師故ハンス・ライグラフ氏のもと研鑽を積む。

1999年第15回かながわ音楽コンクール中学生の部優秀賞受賞、2006年第13回ブラームス国際コンクール第3位。

これまでに東京、大阪、ドイツ・バイエルン州にてソロ・リサイタルを行う他、NHK-BSハイビジョン「ぴあのピア」、NHK-FM「名曲リサイタル」、軽井沢音楽祭、日本・中国・韓国の友好関係を目的とした「東北亜平和音楽会(韓国)」、武生国際音楽祭など、日本各地、台湾、韓国にて様々な演奏会に出演。またソリストとして芸大フィルハーモニア、東京都交響楽団、大阪交響楽団、京都市交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、東京エラート室内管弦楽団、韓国城南市立交響楽団等と共演。

これまでに熊谷恵美子、小林仁、伊藤恵、三木裕子、故ハンス・ライグラフの各氏に師事。現在洗足学園音楽大学ピアノ科非常勤講師。ピアノソロ、室内楽、器楽・声楽伴奏など幅広く活動中。

 

ピアノ三重奏によるクリスマスコンサート

予約受付中

予約フォームへ

 

コンサート情報コンサートチケットのご購入・ご予約はこちら